先生と生徒

大学合格を実現させる|医学部受験に特化してる予備校を活用しよう

受験勉強のメリット

男の子

親と頑張りと子の頑張り

少子化が叫ばれて久しいですが、中学受験をする子供の人数はほとんど変わっていません。人気がある学校は、むしろ昔よりも受験生が集まり倍率が高くなっています。中学受験を希望する家庭が増えている理由は、各々の家庭によって異なります。公立学校への不安や、私立学校の教育に対する期待、進学校の大学合格実績に対する関心などが主な理由です。昔よりも1家庭あたりの子供の人数が減っているので、1人の子供に対する教育費をかけやすいことも、背景にあります。このように中学受験の競争率は昔と変わっていませんが、中学受験で必要な科目は、ほとんどの学校で国語や算数が挙げられます。また、社会や理科もあります。中には面接を課されたり、国語と算数だけでよいという学校もありますが、いずれにせよ、最重要科目は算数です。なぜなら、算数は他の科目に比べて配点が高いことと、受験生の間で点数の差がつきやすい科目であるからです。算数は漢字や社会と異なり、単純な暗記作業では点数は伸びません。計算ミスをなくすことと論理的思考力を身に付けることが重要です。中学受験のもう1つの難かしさは、受験生がまだ小学6年生だということです。肉体的にも精神的にもまだ成長の個人差が大きい年頃です。中学受験は子供の頑張りだけでは成功しません。塾で配られるプリントの整理やお弁当の準備など、親も二人三脚で頑張ることが求められます。家族一丸で目標に向けて努力する経験も、中学受験の大切な要素です。